アトピー肌や乾燥肌の日焼け対策(UVケア)で注意したいこと

紫外線の多い季節を迎えて、お肌の弱い方にはUVケアが悩みの種ですよね。

アトピー肌や乾燥肌の方は、どのようなことに注意すればよいのでしょうか。

【アトピー肌とは】

アトピー肌の方は、肌のバリア機能に問題があるため、保水力が弱く乾燥しやすい、外部からの刺激が侵入しやすく炎症を起こしやすい、という特徴があります。

アトピー肌は一人一人の状況に応じて、信頼できる医師の治療が必要で、巷に氾濫する情報に振り回されないことが大切です。

ただ、アトピー肌は成長するにしたがって自然治癒することが多いとされていましたが、近年、治癒が遅れる、成人になってから発症する、というようなケースが報告されています。

間違ったスキンケアが原因の一つとも考えられるので、注意が必要です。

アトピー性皮膚炎が、乾燥肌の原因となることもあります。

【乾燥肌とは】

肌は本来、角質がバリアとなって水分を保持しています。

角質細胞の一つ一つのすき間は皮脂で埋められていますが、角質がダメージを受けたり、皮脂の分泌が減ったりすると肌の水分が低下して、乾燥肌となります。

皮脂の成分の大部分はセラミドで、立体的に水分を含んで保水しています。

前述のアトピー肌は、このセラミドが通常の1/3程度しかないことが分かっています。

いずれも少しの刺激で炎症を起こしやすい肌と言えます。

【日焼け止めを選ぶ時の注意】

アトピー肌や乾燥肌の方は、必ず日焼け止めを塗る前に目立たない部分でテストしましょう。

無香料、無着色、アルコールフリー、合成界面活性剤フリー、ノンケミカル等、刺激となる成分の含まれていないものを選ぶのが基本です。

また、肌に優しいと言われているオーガニックやアロマ成分にも反応してしまうこともあるため、注意が必要です。

最近話題の“飲む日焼け止め”のように、体の中からUVケアする方法も試してみる価値があります。

一日一粒摂取すれば良いというほど強力な効果があり、85日間連続して摂取すると、1日目よりも60%も紫外線に対する効果が増加すると言われています。

【肌本来のターンオーバーを機能させる】

肌のセラミドは、ターンオーバー(肌の生まれ変わり)の際に生成されます。

スキンケアで保水し、悪循環を断つようにするのと同時に、化粧品に頼りきらず、肌のターンオーバーが正常に機能するような生活を心がけましょう。

バランスの取れた食事、適切な運動、規則正しい生活が、UVケアの最も基本となるものであることを覚えておきましょう。

◆もっと積極的にアトピーや乾燥肌でもしっかりとUVケアをして紫外線対策をしたい時は、飲む日焼け止めと口コミでも評価が高い「インナーパラソル16200 for UV」を飲んでみてください。

体の中からUVカットしつつ潤いがある美白肌に導きますよ。
詳しくは→インナーパラソル16200 for UVの口コミ評価!飲む日焼け止めの噂は本当?