「アウトドアで日焼けの危険!でも日焼け止めは汗で流れる!どうすれば?」

これからの季節、アウトドアに行かれる方が増えますよね?

キャンプに海、外にいる時間が長くなるとおもいます。

アウトドアは楽しいけど心配なのが日焼けです。

日焼け止めを塗っても汗や水で取れちゃうし、たっぷり塗りすぎちゃうと ベタベタしちゃうし。

でもそんな悩みを解決できちゃうかもしれません。

『日焼けの危険とは?』

日焼けをしすぎてしまうといろいろと危険なことがあります。

まずはみなさんも経験がある方も多いと思いますが、日焼けによる 火傷です。

長時間の紫外線を浴びていると皮膚が真っ赤になりヒリヒリしシャワーや湯舟に入れなかったなんて経験があると思います。

これをサンバーンと呼び火傷の痕は残らないものの、痛みと共に炎症や水ぶくれになってしまうので注意が必要です。

他にも皮膚の老化にもなります。

細胞の張りを保つためのコラーゲンが分解されてしまい、シワや実年齢より老けて見える原因になります。

後は、皮膚がんですね 。

紫外線は皮膚細胞内の遺伝子を壊す力を持っているため細胞の再生時に壊れた遺伝子で細胞が作られてしまうと正常な細胞ではなく、 がん細胞に変異するおそれがあり皮膚がんが発生する率が高くなります。

『日焼け止めが汗で流れてしまう時は?』

現在では化粧品にもよく使われている、「ウォータープルーフ」が日焼け止めにも使われるようになりました。

ウォータープルーフは汗や水に強くて落ちにくいと言われています。

防水効果が高いためプール、海などに行く祭に使われている方が多いと思います。

SPF50などと気にして購入されるかたもいますが、ウォータープルーフの日焼け止めも気にして購入してみてください。

ただやっぱり全く落ちない訳ではないので、何度か塗りなおさなきゃ いけません。

『飲む日焼け止め?』

現在は飲む日焼け止めも発売されています。

ただこちらの飲む日焼け止めは紫外線をカットしてくれるのではなく、 塗る日焼け止めできちんと日焼け対策をしておくことが前提です。

塗る日焼け止めを塗っていても素通りしてしまった紫外線の老化を 内側から阻止してくれるのが飲む日焼け止めです。

値段はだいたい3000円から10000円ぐらいのものがあり、 オーガニックのものから、海外産、国内産といろいろりますが 自分にあったものを探してみてください。

副作用はないといわれていますが、お子様、妊婦さんは 控えた方がいいみたいです。

これでこれからは塗る日明け止めと飲む日焼け止めで外側からと 内側からと紫外線対策ができて、アウトドアももっと楽しめますね。

◆飲む日焼け止め、飲むニュートロックスサンと口コミで一番人気のサプリメントは、「雪肌ドロップ」です。

体の内側から紫外線をしっかりカットしてくれます。

外出する30分前に雪肌ドロップを飲むと効果的ですよ!

u