アウトドアで日焼けが心配なときのUVカットのコツ

これから夏になり、キャンプやマリンレジャーで楽しむ方が増えると思います。

遊んでいる時はとても楽しいですが、後に待っているのは日焼けですよね。

子供の頃は黒くなるだけで済んだのに、大人になると紫外線を浴びるだけでシミやそばかすを作りだしてしまい、さらに紫外線により肌細胞を破壊し老化現象を早めてしまう可能性もあるため、アウトドア等を行う前にはしっかりとしたUV対策が必要です。

しかし、アウトドアとなると通常の日焼けとは異なり、しっかりと念入りにUV対策をする必要があります。

そこで今日は、アウトドアに行く前に知っておきたいUVカットのコツについてお話ししていきましょう。

まず最初に、あなたはどんな日焼け止めを使っていますか?

多くの方がジェルタイプやクリームタイプといった塗るタイプの日焼け止めを使っていると思います。

アウトドアなどには、数値が高い日焼け止めを使うのがオススメです。

SPF 25 PA + + ×
SPF 50 PA + + + + ○

また、汗や皮脂に強いウォータープルーフタイプの方が塗り直す手間が省けてオススメです。

さらにこの塗るタイプの日焼け止めと併用して使ってほしいのが、飲む日焼け止めです。

飲む日焼け止めは世界的に広がりつつあり、体の中からしっかりと紫外線対策を行ってくれるため、塗るタイプの日焼け止めと併用することで高い紫外線防止効果が期待できます。

これから夏休みに向けてお出かけする予定がある方はぜひ参考にしてみてくださいね!

飲む日焼け止めもいろいろありますが、私も飲んでみて特に効果を実感中なのは雪肌ドロップです。

雪肌ドロップのおかげで日焼けしにくくなってお肌がすべすべになってきていますよ。

u