日焼けでシミだけでなくシワも増える理由と紫外線対策(UVケア)は?

日焼けでシミだけでなくシワも増える理由と紫外線対策(UVケア)は?

ホワイトプロテクトとホワイトヴェールとインナーパラソルとリブランコートとの比較!UVケアサプリの選び方!


飲む日焼け止めサプリで人気のホワイトプロテクトとホワイトヴェールとインナーパラソルとリブランコートとの違いを比較しました。

UVケアサプリの選び方のコツを書きます。

夏真っ盛りの昨今、紫外線や美白ケアを念入りにしている人も多いことでしょう。

ですが外から日焼け止めを塗ったり、サングラスやUV手袋でカバーするのも限界があります。

もし対策しきれないと思ったら、中からのケアにも目を向けてみましょう。

飲む日焼け止めと称されるサプリメントが出回っており、時に日焼け止め要らずなんて噂されることもあるほど人気です。

今回はその中でも特に注目の4サプリをピックアップ、それぞれの特徴を比較してみました。

紫外線対策が主な効果ではあるものの、含んでいる成分や飲み方など、中身はサプリごとに違っています。

効果のよしあしは利用、続けやすいかどうかでも変わるもの。

自分にとってどれが1番使いやすいか、探してみましょう。

ホワイトプロテクトのメリットとデメリットは?

1つ目のホワイトプロテクトは、ニュートロックスサン入りの粉末を水に溶かすなどしてドリンクとして楽しめるタイプです。

栄養機能性食品に認定されており、紫外線対策としてだけでなく、美容や健康に役立つ成分を含んでいます。

ただ味が素材の関係もあり、梅・ヨーグルト。

苦手な方には続けづらいかもしれませんね。

また一般的なサプリのイメージがある錠剤やカプセルとは異なり、粉末そのままでは飲みにくいです。

水と混ぜておしまいというだけでも手軽でメリットですが、溶かすのが面倒な人には、デメリットにもなりますね。

UVケアだけでなく熱中症対策にも良いのもホワイトプロテクトの大きなメリットです。

口コミでも人気です。
ホワイトプロテクトの口コミ効果や噂・コスパを評価!他の飲む日焼け止めサプリとの違いは?

ホワイトヴェールのメリットとデメリットは何?

2つ目のホワイトヴェールは、錠剤タイプのニュートロックスサン入りサプリ。

1日2粒~4粒を飲み続けるだけで良い手軽さがホワイトヴェールの魅力です。

ただ錠剤は錠剤で、水を含んでも飲めない人がいるのも事実。

錠剤は、苦手な方には続けづらいという人には、デメリットになりますね。

反対に錠剤がいいという人には、ホワイトヴェールのメリットになります。

インナーパラソルのメリットとデメリットは何?

3つ目のインナーパラソルもまた、錠剤タイプのニュートロックスサン入りサプリです。

ニュートロックスサンが1日2粒で十分な量を含むのがメリットです。

ビタミンCやその他の美容成分が豊富なのも大きなメリットです。

日焼け止め対策だけでなく日焼け後の美白ケアにも優れています。

1日2粒もホワイトヴェールと共通しています。

しかしインナーパラソルの場合は、上限が1日6粒。

強い日差しが心配な時などに、量を増やすことで効果を高めやすいのがメリットです。

ただ1日に6粒となると、錠剤が飲める人でも面倒に感じてしまう人にはデメリットですね。

反対に6粒まで飲んで紫外線対策が可能と思う人には、メリットに感じるかもです。

口コミ評価も高いです。
インナーパラソル16200 for UVの口コミ評価!飲む日焼け止めの噂は本当?

リブランコートのメリットとデメリットは何?

最後のリブランコートは、フラバンジェノール入りの錠剤タイプのサプリ。

日焼け止め系のサプリは、1日2錠が多いのか、リブランコートも例に漏れません。

リブランコートの上限は4粒ですから、ホワイトヴェールと同じですね。

またこれまでの3つとは異なり、リブランコートは、紫外線というよりも、その後に起こるシミ対策・美白ケアを主体とした製品という印象。

詳細は後述していますが、UVケアとなる成分も、ニュートロックスサンを含まない点で上3つとは大きく異なっています。

ニュートロックスサン入りの飲む日焼け止めを飲みたい人には、含まないリブランコートはデメリットとなります。

反対にニュートロックスサンサプリでは今一歩だった人には、リブランコートはメリットとなりますね。
リブランコートの口コミ効果やコスパを評価!シミ対策ケアサプリの噂は本当?

全成分を徹底比較チェック!特徴は何?


リブランコート以外に共通しているのが、ニュートロックスサンという成分です。

これ自体が飲む日焼け止めと呼ばれており、ほかにも数多くのサプリに活用されています。

原材料はシトラスとローズマリー。

直接日に焼けない効果を持っているわけではないのですが、肌が受けるダメージの緩和や対処を早める働きを担ってくれるため、結果としてさほど日に焼けていない、ダメージが少ない印象を得るんです。

もちろんいずれも、ニュートロックスサン単体のサプリではありません。

◆まずホワイトプロテクトは、ニュートロックスサン+梅の成分とビタミン補給がメイン。

梅はクエン酸と梅リグナンというポリフェノールを持っており、疲労ケアや抗酸化を助けてくれます。

そこにビタミンB群を始め、CやDを追加。

クエン酸のサポートとともに、体の骨や組織の構成に役立ちます。

梅リグナン以外は耳慣れた成分なので、なじみやすいのが良いですね。

◆次のホワイトヴェールはニュートロックスサンを含めて、全て植物成分で構成されているのが特徴。

ルテインやリコピン、ザクロエキスと言った耳慣れたものから、クロセチン、メロンプラセンタなど様々です。

うちクロセチンとルテインは、太陽から植物を守る成分でもあり、ニュートロックスサンに頼らないUVケアができるのも魅力。

ほかにもローズポリフェノールやアーチチョークと、美容ケアも考えた素材になっています。

◆そしてインナーパラソルは、ニュートロックスサンだけでなくビタミンCのほかビタミンP、パインセラ、コプリーノと優秀な美容成分が中心。

ビタミンPはCのサポート役であり、パインセラはセラミドの1種、コプリーノは巡りケアをしてくれるキノコです。

インナーパラソルは素材数が少ない分、ニュートロックスサンを含めて含有量がよく、ニュートロックスサンとビタミンCは1日の目安量をクリアしています。

公式サイトより引用
【著作権上の問題により、口コミは意味を変えず書き直しさせて頂いています】

リブランコートはフラバンジェノールで日焼け後美白ケア

一方リブランコートはというと、ニュートロックスサンの代わりにUV対策をしてくれるフラバンジェノールという成分がメインです。

ポリフェノールの1種ですが、肌ケアに関してビタミンCの600倍もの威力があるとされています。

リブランコートは、肌のバリア効果だけでなく、紫外線の影響をストップし、ダメージを増やさず原因に対処するなど、多角的な活躍をしてくれます。

そのほか、やはりポリフェノール豊富でエイジングケアに役立つシチリアのレッドオレンジや、アサイー、ザクロ、アムラなどのスーパーフードでリブランコートは構成。

加えてビタミンAECやヒアルロン酸などの保湿成分もリブランコートは充実しています。

飲む日焼け止めというより日焼け後のケアに優れているのがリブランコートです。

UVケアにより良いのは、どれ?

以上を見てみると、様々な方向から紫外線に対処してくれる、インナーパラソルが1番良さそうですね

ニュートロックスサンは主に3つの成分を含んでいるのですが、うちナリンゲニンは肌トラブルのケア、カルノシン酸は乱れの調整、そしてカルノソールは体をいたわるのが主な役目となっています。

ニュートロックスサンは、研究論文でも実際の紫外線対策でエヴィデンスが出ていますので大きく期待できます。

ですからニュートロックスサンの適正量を含むインナーパラソルは、安心して飲めるといえます。

リブランコートのフラバンジェノールも同じくポリフェノールでダメージ対策や老廃物などの除去に関して期待できますね。

そしてリブランコートはフラバンジェノール以外にもポリフェノール豊富な素材を揃えているので、さらにケアがしやすいとも言えます。

シミ・くすみなど美白ケアにも良いのは、どれ?

美白ケアの観点でも、インナーパラソルが良さそうです

リプランコートも美白目的のサプリという点、またビタミンエースが揃っており、相互に効果を高め合える点が魅力。

ただ、インナーパラソルは、ビタミンCの含有量が魅力

ビタミンCは副作用などがほとんどない美白成分の1つですから、それを1日分補えるという意味では効果を期待しやすいです。

シワケアでエイジングケアに良いのは、どれ?

エイジングケアであれば、それこそ抗酸化が主な役目であるポリフェノール豊富なリブランコートがおすすめ

ですが、体を健康に近づけるという意味では、ホワイトヴェールも捨てがたいです。

ホワイトヴェールはメイン成分のほか、ビタミンやミネラルなど、普段の生活の上でも欠かせない成分を備えている。

ニュートロックスサンを始めポリフェノールも皆無ではないため、若さのキープがしやすいでしょう。

妊娠中・授乳中・生理中でも飲めるのは、どれ?

しかし気になるのが、飲める環境です。

いずれも素材に対してアレルギーでもない限りは、副作用はありません。

ただ特別敏感になりやすい、妊娠中や授乳中、また体調不良になりやすい生理中はどうなのかも比べてみました。

厳しめに言ってしまうと、実はどれもNG

ホワイトプロテクトとホワイトヴェール、インナーパラソルに関しては、含んでいるニュートロックスサンが妊娠中などの利用NGだからです。

生理中のみ特に制限はありませんが、普段からPMS、生理中の頭痛や腹痛、イライラなどに悩んでいる場合は注意してください。

少しでも気になったら、量を減らしたり、一旦休むことも大事です。

リブランコートはニュートロックスサンこそ入っていませんが、妊娠中や授乳中の場合は、かかりつけ医に許可をもらってから始めるのが条件。

利用がダメと言われたら無理に始めてはいけません。

こちらも生理中に関しては制限がないものの、変化を感じたら無理せず休止しましょう。

妊娠や授乳の期間は一時的ですし、生理も閉経まで続くとは言え月に1週間ほど。

期間が明けてから、改めて利用するのも遅くはないはずです。

飲み方の違いと飲みやすいのは、どれ?

一方飲み方に関しては、ホワイトプロテクトとそれ以外とで大きく異なります。

サプリなので、好きなタイミングで飲んで良い点は共通。

紫外線対策を踏まえて日に当たる前、朝や外出直前に飲む人が多いようです。

ただホワイトプロテクトのみ、そのままではなくドリンクにして飲むといいです。

また溶かすのに必要な水も500mlなので、一気に全部飲むのではなく少しずつ水分補給も兼ねて飲むと美容にも健康にもいいです。

ホワイトヴェールなど錠剤のサプリであれば、朝うっかり忘れたとしても、昼以降に飲めば済む話ではありますが、ホワイトプロテクトは時間が無くなってしまうと飲みきるのが難しいことも。

またホワイトヴェールほか錠剤のサプリは、サプリ全体で賞味期限などが決まっています。

ホワイトプロテクトは一旦ドリンクを作ってしまうと、その日のうちに飲みきる必要があります。

夜になっちゃったから翌日に持ち越そう、ということもできなくなってしまうので、ホワイトプロテクトのドリンクを作るのは朝がいいと思います。
ペットボトルに入れて持ち運ぶのもいいですよ。

錠剤タイプのサプリはことさら粒が大きいものもなく、量の調節は個人差もあるので、飲みやすさに違いはないと言えます。

価格や返金保証から見た違いは?

一方ケアができるとはいえ、コスパ重視という人もいるでしょう。

始めに定価で比較してみると、最も安いのはインナーパラソルです。

次いでホワイトヴェール、リブランコート、最も高いのがホワイトプロテクトです。

ただそれぞれ定期コースが存在しており、継続を考えているなら安い順番も変わってきます。

定期コースは概ね初めての方向けに、初回分を大幅に値下げしていることが多いですが、今回紹介している4つのサプリも同様。

初回の割引額で比較してみると、最も安いのはホワイトプロテクトとホワイトヴェールの2つです。

もともとが高いホワイトプロテクトは割引率も1番良いことになりますね。

次がインナーパラソルで、最後がリブランコートです。

しかし2回目以降の割引額を見ると、リブランコートが逆転して最安。

ホワイトヴェール、インナーパラソルと続き、ホワイトプロテクトが最も高くなります。

ただリブランコートには及ばないものの、ほかの3サプリはまとめ買い、まとめ買いでの定期コースによって1袋あたりの割引率が高まることも。

ホワイトプロテクトなら毎月2袋の定期コース、ホワイトヴェールは単品ですが3袋のまとめ買い、インナーパラソルは毎月2袋及び3袋の定期コースが選べます。

改めて値段を見ると、ちょっと試したい程度なら、初回の定期コースが安いホワイトプロテクトが良さそうですね。

ところが定期コースには最低限の利用回数が条件に備わっており、ホワイトプロテクト及びインナーパラソルは最低でも3回継続しなくてはいけません。

ホワイトヴェールとリブランコートは制限が無いので、初回だけ利用するとなればホワイトヴェールが安いですね。

また制限のない2つは返金保証制度も利用可能。

リブランコートは30日以内ですが、ホワイトヴェールは定期コースに限って90日以内と返金保証期間が長いのも魅力です。

ただ長く続けるとなった場合、リブランコートは2回目以降の価格が安いため、初回分の高さを補える可能性も。

最終的な安さは、どの程度継続したかでも変わってきます。

選び方のコツと私が飲みたいのはコレ!

今回は4つのサプリを比較していますが、実際はもっと多くのサプリが存在します。

選ぶ際は、目的となる紫外線ケアをどのような成分で行っているのか、その成分は自分に合うものかを考えるのがまず1つ。

またサプリは錠剤以外にもカプセルや粉末、ドリンクなど色々な形があるので、飲みやすい形であるか、あるいはそのままの状態で飲めるのかも重要です。

さらにコスパは定価のみを比べるのではなく、継続となった場合に利用するであろう定期コースもチェック。

割引率よりは、実際の価格同士を比べるのがおすすめです。

以上のポイントを踏まえて、私の場合は、ホワイトヴェールがいいなと思いました。

ニュートロックスサンも十分でコスパも良い方がよい人は、ホワイトヴェールをどうぞ。
詳しくはお得な公式サイト→ホワイトヴェール

もし何度日焼け止めを塗っても焼けてしまう、シミがなかなか消えないなどの理由で悩んでいるのなら、紫外線対策サプリで中からスッキリさせましょう。

真夏でも透明感あふれる、素敵な肌を維持してください。

 

タグ :   

インナーパラソル16200 for UV ホワイトヴェール 紫外線対策

雪焼け対策は日焼け対策と同じでいいの?詳しく教えて!

雪焼け対策は日焼け対策と同じでいいの?詳しく教えて!

12月並みの寒さが続く中、北海道では異例の大雪となっており、今年はウィンタースポーツをする人たちにとっては嬉しい年になるかもしれません。

スキーやスノーボードといったウィンタースポーツは、冬でしか楽しめない醍醐味となっているため、今年も冬休みの計画を立てている方は多いと思います。

しかし、冬だからこそ気をつけたい雪焼け対策についてあなたはしっかりと準備をしていますか?

日焼け=夏というように思ってしまいがちですが、実は夏よりも強いのが雪焼け=紫外線です。

夏は太陽が高い位置にあり、紫外線が強い事はもともとわかっているため万全の対策を行う方が多いのが現実です。

しかし冬は紫外線があまり強くないイメージがあることから、ついつい紫外線対策を忘れてしまい雪焼けで大きな肌ダメージを受けるケースが続出しています。

なぜ雪焼けは起こるのか。

雪焼けについて調べてみると面白いことがわかりました。

まず、冬は太陽が低い位置にあり、夏と比較しても紫外線が地上に届きやすい特徴があります。

さらに真っ白な雪の上では紫外線が反射してくるため、空からの紫外線だけではなく地上からの紫外線対策も必要になってきます。

そのため、スキー場に行くと夏以上に日焼けしてしまうのは、太陽の位置や照り返しなど様々な条件が揃ってしまうからです。

では雪焼け対策はどのように行えばよいのでしょうか。
雪焼け対策は日焼け対策と同じでいいの?詳しく教えて!の続きを読む »»

 

タグ : 

紫外線対策

肌が乾燥しやすい秋冬もUVケアが必須な理由

肌が乾燥しやすい秋冬もUVケアが必須な理由

夏が終わったら、紫外線対策も終わり。

こんなUVケアしていませんか?

夏以外はUVケアはしない状態を続けていると、いつの間にかシミ・シワだらけになっているかもしれませんよ。

意外と知られていない、秋冬におけるUVケアの重要性。実は夏と同じくらい大切なんです。

夏は、強烈な太陽の光を肌で感じます。いかにも「陽に焼かれています」という感じが分かりやすいですよね。
taiyou

たしかに、秋冬の紫外線は夏に比べて、UVA、UVBはそれぞれ2/1〜5/1と低くなります。

このUVAは、太陽から届く紫外線の9割を占め、肌への直接的なダメージは少ないものの、じわじわと蝕み、ハリや弾力を奪います。また、肌を黒くする作用もあります。

いっぽう、UVBは太陽から届く紫外線の1割と量は少ないのですが、肌への影響は大きく、色素沈着反応を引き起こし、炎症やシミの原因となります。

ここで、紫外線に含まれるこれらUVA、UVBの働きが、夏に比べて低いからといってあなどってはいけません。

1/5、1/2というのは、20分間で紫外線を浴びる強さを指します。

したがって、夏場に10分屋外にいるのと、冬場に50分屋外にいるのは、肌へ同じダメージを与えるのです。

さらに、秋冬は肌が乾燥しがちになります。

乾燥した肌に追い打ちをかけるように紫外線が当たると、乾燥を増長し、しわやたるみの原因に。

特に秋口などは、暑くないし、と屋外レジャーなどで過ごしがちになってはいませんか。

その際UVケアを怠ると、真夏の日に無防備で外にいるのと同じ紫外線ダメージを受けているのです。

では、ケアは夏と同じで良いのでしょうか。
肌が乾燥しやすい秋冬もUVケアが必須な理由の続きを読む »»

 

タグ :  

hanaオーガニックUVミルク 紫外線対策

うっかり日焼け!肌老化を防ぐ日焼け後ケア

うっかり日焼け!肌老化を防ぐ日焼け後ケア

日に日に日差しが強く感じられるようになってきました。

梅雨が明けたら夏もいよいよ本番です。

今年の夏は、最も暑い夏になるとも言われています。

日焼け止め対策、しっかりしているつもりでも、うっかり忘れてしまうなんてこともありますよね。

出掛ける前に日焼け止めを塗ったけれど、汗で落ちてしまって、うっかり日焼けしてしまった!なんてこともあると思います。

うっかり日焼けをしてしまっても、放置しないで、きちんとケアすることで、その日焼けをなかったことにする方法があるので紹介しますね。
うっかり日焼け!肌老化を防ぐ日焼け後ケアの続きを読む »»

 

タグ :  

紫外線対策

UVAやUVBとは?UVアイテムのSPF値とPA値で、どちらを防ぐの?

UVAやUVBとは?UVアイテムのSPF値とPA値で、どちらを防ぐの?

これから日焼け止めを購入しようと検討している方も増えてきたと思いますが、よく日焼け止めに書かれているSPFという数値と、PAという数値。

あなたはこの数値が一体どんな意味を持つのかご存知ですか?

今まで生きてきた中で、テレビなどを通して何度か説明を目にした方もいると思いますが、なんだか紛らわしくてなかなか覚えられないですよね。

そこで今日は、簡単にわかりやすくご紹介します。
UVAやUVBとは?UVアイテムのSPF値とPA値で、どちらを防ぐの?の続きを読む »»

 

タグ :  

紫外線対策