日焼けでシミだけでなくシワも増える理由と紫外線対策(UVケア)は?

日焼けでシミだけでなくシワも増える理由と紫外線対策(UVケア)は?

冬も日焼け止めをぬるべき?その理由は?

冬も日焼け止めをぬるべき?その理由は?

結論から言うと、冬でも日焼け止めを塗らないといけません

冬は紫外線が弱いから塗らないと言う方もいますが、冬でも紫外線を浴びています。

紫外線にも種類があり、A波とB波があります。

A波は波長が長く、肌の真皮層まで届いてしまいます。

B波は波長が短く、有害性がとても高いです。

冬でもB波を浴びていますので、何もしないでいると、コラーゲンやエラスチンを破壊してしまい、積み重なると皮膚がんにもなる可能性があります。

ですから、冬や曇りの日、雨の日でも日焼け止めを塗るようにしなくてはなりません。

紫外線はメラノサイトを刺激し、メラニン色素を生成し、シミの原因を作ってしまいます。

また、肌を乾燥させてしまい、あらゆる肌トラブルを招いてしまいます。

冬は空気も乾燥しているので、日焼け止めを塗らないでいると、更に乾燥させてしまいます。

冬の間に紫外線予防をしていない方は春になっている頃には、肌の老化が進んでいる状態になり、ガサガサになってしまっています。

コラーゲンやエラスチンも破壊されているので、ハリや弾力も失われ、小じわの原因にもなってしまうのです。

ですから、冬だし少し外出するくらいだからと日焼けを塗らない事は避けましょう。

ベランダに出て洗濯物を干すときも、短時間であろうと日焼け止めは塗るようにしましょう。

春、夏、秋、冬の1年中日焼け止めは塗るようにしましょう。

SPFは冬であれば低いものを選び肌に負担をかけないようにしましょう。

夏の時と同じ高いSPFのものを使うと乾燥や肌荒れが進んでしまいます。

では、冬は何を使ったら良いのか分からない方もいると思うので、私が使って肌の調子が良い日焼け止めをご紹介します。

hanaオーガニックUVミルクのウェアルーUV」です。
こちらの商品は、天然オーガニック処方で、美容液成分が85%も含まれています。

保湿成分も豊富なので冬でも潤いますし敏感肌でも安心して使えるのが大きなメリットです。

SPF30で、化学合成物質の原料も不使用なので安心して使用する事ができます。

潤いも続きますし、ファンデーションなしでこれ1本でも透明感と血色をアップしてくれます。

hanaオーガニックUVミルクは、多数の美容雑誌やwebサイトでも紹介されるほどの人気商品です。

日焼け止め、下地、ファンデーションの代わりにBBクリームみたいに使えます。

スキンケアの後に1~2プッシュの使用でも大丈夫なのです。

冬はhanaオーガニックUVミルク1本におしろいだけでも充分です。

hanaオーガニックUVミルクは、濃縮オーガニックローズで肌をケアし、ホホバオイル、椿油、コメ胚芽油で保湿し、シャクヤク、ハトムギ、キューカンバエキスで透明感アップしてくれます。

また、イランイラン、クラリセージなどの5つの花精油がエイジングケアもしてくれるのです。

夏ももちろん使えますので年中のケアにhanaオーガニックUVミルクを使用してみて下さい。
HANAオーガニックUVミルクの口コミと効果

us

 

タグ :  

hanaオーガニックUVミルク

この記事に関連する記事一覧