日焼けでシミだけでなくシワも増える理由と紫外線対策(UVケア)は?

日焼けでシミだけでなくシワも増える理由と紫外線対策(UVケア)は?

敏感肌にも安心な肌荒れしない日焼け止めの条件とは?

『敏感肌にも安心な肌荒れしない日焼け止めの条件とは?』

以前、どんな化粧水をつけても肌がヒリヒリと沁みて困っていた時期がありました。

ドラッグストアで相談して勧められた化粧水とクリームで解決しましたが、後から考えると環境の変化によるストレスで一時的な敏感肌になっていたように思います。

【敏感肌とは】

肌表面の角層が乾燥や刺激などによって乱れると、刺激が肌の奥まで侵入したり、乾燥したりして過敏となります。

すると肌の再生が正常に行われなくなる悪循環を繰り返す状態になります。

これが敏感肌ですが、原因は先天的なものであったり、誤ったスキンケア、光老化、食生活の乱れ、何らかのアレルギーを持っていること、ストレス、など様々です。

敏感肌は、洗剤や化粧品、衣服の摩擦などに過剰に反応して、荒れたり赤くなったり沁みたりします。

紫外線対策が必須になった現在、敏感肌の方が使用する日焼け止めは、低刺激で肌への負担が少ないものであることが必要です。

【敏感肌でも大丈夫な日焼け止めの選び方】

肌に優しい日焼け止めの選び方は、基本的には良い化粧水やシャンプーを選ぶ時と同じで、ざっくり言うと“成分内容がシンプルなもの”がベストです。

いくつか例を挙げてみます。

●無香料、無着色であること・・・香料や着色は化学的に合成されたり抽出されたりした自然界にはあり得ない化学物質なので、お肌に負担をかけます。

●アルコールを含まない・・・アルコールは浸透しやすく肌を刺激します。

●合成界面活性剤を含まない・・・合成界面活性剤は、洗剤にも多く使用されている成分で、皮膚の水分を吸い取ったりバリアを壊して異物を浸透させたりします。

合成界面活性剤は敏感肌を悪化させるような性質があり、石油由来のものだけでなく、植物由来のものであっても肌への影響は同じなので、注意が必要です。

日焼け止め特有の成分については次の通りです。

【紫外線吸収剤を含まないものを選ぶ】

日焼け止めの成分には2種類あります。

紫外線のエネルギーを吸収して熱エネルギーに変換して外へ放出する紫外線吸収剤と、紫外線を反射して弾く紫外線散乱剤です。

このうち紫外線吸収剤は有機化合物で、肌に刺激があることや、肌の表面で化学反応を起こすため、肌に負担がかかります。

日焼け止めを選ぶときは、紫外線吸収剤を含まないものを選びましょう。

【SPF、PAを理解して選ぶ】

日焼け止めのSPFは紫外線のUV-Bを防御する指標で、PAは紫外線のUV-Aを防御する指標です。

SPFの数値は、通常人が日焼けするまでの約20分の時間の単位で効果を表しています。

例えばSPF50なら、20分の50倍の時間、つまり1000分(16時間40分)日焼けを遅らせる防御力がある、という意味です。

(汗などで効果が薄れるので、実際には2、3時間おきに塗りなおす必要があります)

PAは+の多さで効果を表していて、PA+(効果がある)~PA++++(極めて効果がある)という意味です。

どちらも数値が高いほど防御力は強いですが、その分紫外線吸収剤や合成ポリマーなどが含まれており、肌への負担も増えるので、必要に応じて使い分ける必要があります。

普段の日常生活ではSPF20、PA++程度のものを使用し、あとはUVカットの日傘やサングラスなどのアイテムを駆使して日焼けを防ぎましょう。

ただし、長時間のアウトドアのような場合は、紫外線の害の方が心配な状態になるので、数値の高いものも選択肢に入れましょう。

探してみると、よく研究された良心的な日焼け止めも製品化されています。

日焼け止めの効果を最大限にするためにも、お肌や日焼けのメカニズムをよく理解しておきましょう。

◆敏感肌でも安心できて保湿しながら美肌になってUV効果も高い!と人気のUVケアは、hanaオーガニックUVミルクです。

アトピーで大人ニキビができやすい私も使っていますが、自然な感じでカバーしつつ明るい顔になるのでファンデーションもしなくていいくらいですよ。

バラの自然な香りも癒されます。

 

タグ : 

hanaオーガニックUVミルク

この記事に関連する記事一覧