インナーパラソル16200 for UVは効かないって本当?効果を出すコツは?

紫外線対策を試行錯誤している方は多いと思います。

日焼け止めを塗ったのに焼けてしまう方やすぐに黒くなってしまう方、日焼け後のヒリヒリ感に悩んでいる方も多いと思います。

夏になると毎年同じ事を繰り返す方が多いと思います。

インナーパラソル16200forUVは飲む事で体の内側から紫外線をケアできます。

飲んでも効かないと言う方も多いみたいですが、サプリなので即効性はありません。

じっくりと飲み続けることで、次第に日焼けしにくくなったと実感するものです。

なので、継続を心がけてみてください。

なおかつ、日差しが強い時は、塗る日焼け止めを併用した方がもっと良いです。

日焼け止めは塗る方は多いですが、体の内側からケアしている方は少ないと思います。

インナーパラソル16200forUVの主成分である注目成分のニュートロックスサンは日焼けの原因の活性酸素をコントロールし、シミ、ソバカスをケアしてくれます。

日焼け後のヒリヒリ、ピリピリ感などもケアしてくれます。

1日の推奨量が250gとなっており、しっかりと配合されています。

ニュートロックスサンは7500mg配合されています。

飲むだけで紫外線対策が出来る反面、安全性も気になりますよね。

ニュートロックスサン以外の成分はパインセラでパイナップルからできたフルーツセラミドで、乾燥からお肌を守り、潤いを保つ事ができます。

900mg配合されています。

コプリーノという、コプリーノ茸からできている成分は光老化から守ってくれ、肌を健康的にしてくれます。

1500mg配合されています。

ビタミンCも配合されているので、コラーゲンの生成をサポートします。

3000mg配合されています。

ビタミンPというポリフェノールの1種のビタミンバイオフラボノイドと呼ばれるものもビタミンCの働きをサポートしてくれます。

3300mg配合されています。

全部の成分を足すと16200mgとなります。

また、国内のGMP認定工場で製造されているので、安心安全です。

衛生管理もHACCPを採用しており、品質も有機JAS認定を収得しています。

健康食品ですので、他の健康食品や薬と併用しても問題ありません。

気になる方はかかりつけ医に相談されてみても良いかと思います。

インナーパラソル16200forUVの特徴は他の紫外線対策のサプリメントに比べて、ニュートロックスサンの傘のマークのロゴがパッケージに記載されているので、高配合の証なのです。

信頼性があります。

1日に2粒~6粒を目安に飲む事をおすすめします。

1度に沢山飲むよりも毎日2粒でも必ず忘れずに飲む事の方が効果が出やすいです。

また、飲む時間に決まりはないですが、毎日決まった時間に飲むようにしましょう。

特に外出する前の朝に飲む事をおすすめします。

インナーパラソル16200 for UVの口コミ評価!飲む日焼け止めの噂は本当?

夏は紫外線が最も強いので、塗る日焼け止めも併用して、6粒を毎日飲むようにしたり、外出が少ない方は2~4粒にしたり、外出しない日は2粒にしたりなど自分で工夫すると良いかと思います。

インナーパラソル16200 for UV公式サイト↓

rs