黄色い肌を白くすることは、どうしたらできますか?

黄色い肌を白くすることは、どうしたらできますか?

肌の色が黄色くてお悩みの方、多いのではないでしょうか。

まず日本人は黄色人種なので、ある程度は黄色いと思います。

私は特に黄色いです。

私の子どもも特に黄色いです。

私は職場で上司に手が黄色くて黄疸という病気ではないかと心配されたことがあります。

私の子どもも小さい時、小児科で足がとても黄色いことから医師に黄疸を心配されました。

私も子どもも黄疸ではありません。

柑橘系の果物が好きで年間通して食べているのが原因でした。

では本題に戻ります。

色白になる方法です。

食べものに関して、私も体験しましたが、ミカンなどに含まれているβカロチンを摂り過ぎると黄色くなります。

健康には良いですが、摂り過ぎには気を付けた方が良いです。

黄疸の話も少し触れましたが、肝臓の病気で黄色くなることがありますので、気になる場合は受診してくださいね。

特に肝臓の病気ではなく黄色いのでしたら、柑橘系の食べ過ぎも考えられます。

健康で、肌が黄色いのでしたら、美白することで色白になることは可能です。

美白化粧品を使うと気は、顔以外の首や手などのケアもしてくださいね。

全身に使えて素早く美白できると評判の「メイミーホワイト60」がオススメです。
薬用メイミーホワイト60の口コミ評価!1分で美白できるのは本当?

お手入れして、たった60秒で、たったの1回で肌が白くなると言われています。

ウソのようですが本当です。

美白クリームパックです。

もちろん1回のケアでは、時間の経過とともに元に戻ってしまいますが、継続して使うことで本当に美白できます。

すぐに白くなるので、お手入れするモチベーションもアップしますよね。
詳しくは公式サイト↓
メイミーホワイト

◆他では石鹸は、くすみを消してくれるものを使うと良いです。

例えばくすみがちな肌には、二十年ほいっぷがよかったです。

透明感がでて美白になると言われています。

無添加で肌に優しいので安心して使えます。

くすみで黄色い肌には、石鹸選びも大切ですね。
くすみ専用洗顔石けんの二十年ほいっぷで美白

◆最後に紫外線対策も大切です。

これ以上、黄色い肌がくすんだり黒ずむのを避けるためにも紫外線対策は必須です。

日焼け止め、帽子や日傘なども活用してUVケアしたいものです。

とはいえ、それだけでは、紫外線対策に不十分な場所もでてきたりします。

塗り忘れた脚や腕とか、首など・・・

そういうのを予防する意味でも、全身のUVケアでも飲むタイプの日焼け止めを使うと効果的です。

ニュートロックスサンが入っているサプリを選んで飲んでみると良いです。

例えば、ニュートロックスサンの量も多く今人気なのがインナーパラソル16200 for UVです。
インナーパラソル16200 for UVの口コミ評価!飲む日焼け止めの噂は本当?

美肌にも良いので年間を通して飲んでいたいですね。

⇩⇩お得なコースがある公式サイトはこちら

インナーパラソル16200 for UV