日焼けでシミだけでなくシワも増える理由と紫外線対策(UVケア)は?

日焼けでシミだけでなくシワも増える理由と紫外線対策(UVケア)は?

紫外線対策の飲む日焼け止め!インナーパラソル16200・ホワイトヴェール・雪肌ドロップの違いとは?

紫外線対策の飲む日焼け止め!インナーパラソル16200・ホワイトヴェール・雪肌ドロップの違いとは?

ゴールデンウィークが近づくと、そろそろ紫外線対策をしなくては!と私は思います。

毎年ゴールデンウィークに、友人家族とバーベキューを行うのが恒例行事となっており、初めてゴールデンウィークにバーベキューをした年、翌日驚くほどの日焼けをしていたのです。

毎年、ゴールデンウィークは屋外へ出掛けたりしていますが、そこまで日焼けをしたという経験がなかったので、そのときは本当に驚きましたね。

日陰を選んで休憩したりしても、やはり朝から1日中屋外で過ごすということは、こういうことなんだな!と、よくわかりました。

このようなことから私はゴールデンウィークが近づくと→紫外線対策が頭によぎります。

本来は年間通して対策するのが正しいんですけどね。

さて紫外線対策、あなたはどのような方法で行っていますか?

私は、これまで塗るタイプのものを使っていました。

というか、それしか方法はないと思っていました。

すると、今は画期的なものがあるのですね!

飲むタイプの日焼け止めがあると知り驚きました。

塗るタイプの場合、濡れたりしたら塗り直さないとなりませんし、焼きたくない部分(=露出されている部分)全てに日焼け止めを塗らないとなりませんが、飲むタイプでしたら、それを飲めば全身の対策になるので便利です。

塗り直す手間も必要ありませんし、海や川など水のレジャーも安心です。

また塗るタイプですと、メイクのノリが悪くなったりクレンジングで落とさないとならない等、手間が増えます。

ですから飲むタイプは画期的だと驚いたのです。

これはすごいと思ったので、友人に話してみると、友人は飲むタイプの日焼け止めを既に知っていました。

どうやら「インナーパラソル16200」と「ホワイトヴェール」と「雪肌ドロップ」の3つが、人気あるということを反対に教えてもらいました。

そこで、この3つの飲む日焼け止めの特徴などを調べてみましたよ。

まず、インナーパラソル1600です。

この商品は、内側から日傘のような働きかけをしてくれると言われています。

日焼けサプリとも呼ばれているニュートロックスサンという成分が1袋に7500mg・1日分には250mgが配合されています。

この含有量は、高配合に分類されます。

肌トラブル・身体の乱れ・いたわりなどの対応を担っています。

他には、ビタミンCやビタミンP、パインセラ、コプリーノなども配合されており、UVケアの実感力が高いと人気です。

インナーパラソル16200 for UVの口コミ評価!飲む日焼け止めの噂は本当?

続いて、ホワイトヴェールです。

この商品にもニュートロックスサンがインナーパラソル16200の半分の量ですが、配合されています。

他に、クロセチンとルテインというファイトケミカルの仲間が配合されており、これらもUVケアをサポートします。

この商品の特徴は、紫外線のカットだけでなく、既にできてしまったシミの対応や美容、肌トラブルにも対応してくれます。

ザクロ、プラセンタ、リコピンも配合されています。

日焼け予防とシミなどにも対応してくれる点が嬉しいですね。

ホワイトヴェールの口コミ!飲む日焼け止めの効果は本当?

そして、雪肌ドロップです。

この商品にも、ニュートロックスサンが配合されています。

他には肌に必要なコラーゲンやビタミンC誘導体も摂取できます。

また植物プラセンタやビタミン、アミノ酸、ミネラル、レモン、グァバ、ホーリーバジルも配合されています。

雪肌ドロップは、先ほどお話した友人が実際に飲んでおり、お肌にハリが出てキレイになったと言っていました。

雪肌ドロップのクチコミ!飲む日焼け止めサプリで本当に紫外線を防げる?

このように、同じ飲む日焼け止めでも、それぞれ違いがあるので自分が気になるもの、自分に合うものを見付けて取り入れてくださいね。

ニュートロックスサンの配合量で選ぶならインナーパラソル。
インナーパラソル16200 for UV公式サイト↓

コスパの良さで選ぶならホワイトヴェール。
ホワイトヴェール公式サイト↓

rs

 

タグ :  

インナーパラソル16200 for UV ホワイトヴェール 比較 雪肌ドロップ

この記事に関連する記事一覧