日焼けでシミだけでなくシワも増える理由と紫外線対策(UVケア)は?

日焼けでシミだけでなくシワも増える理由と紫外線対策(UVケア)は?

夏の紫外線を秋の気候が良い時期にケアしないと、冬の乾燥に備えれないって本当?

夏の紫外線を秋の気候が良い時期にケアしないと、冬の乾燥に備えれないって本当?

夏は日差しがとても強いため、紫外線により肌に大きなダメージを受けてしまった方もたくさんいると思います。

この夏のダメージは、夏が終わる頃の秋になると肌表面に徐々に現れてきます。

シミが増えてきた
シワが気になる
肌が乾燥しやすい
化粧ノリが悪い

このような肌の変化を感じ始めたら、夏のダメージを秋のうちにケアすることが大切です。

なぜなら、冬は肌の乾燥が悪化しやすい季節となっているため、この時期に慌てて対策を行っても、なかなか成果が出にくいと言われています。

だからこそ、肌ダメージが気になり始める秋のうちから、夏の紫外線による影響をケアしてあげることが大切です。

しかし、秋の肌状態はとても不安定で、攻めの美容成分を使うスキンケア方法はあまりオススメすることができません。

美白やエイジングケアに良いからといって、積極的に「プラセンタ」等が配合された化粧品を使う方もたくさんいます。

しかしこの時期は守りを徹底することが大切です

まず、守りのスキンケアとしてとても重要になってくるのがやはり保湿です。

肌の奥深く角質層まで、しっかりと潤いを与えてあげることにより、肌状態を健やかに保つことができます。

さらに必要なのはスキンケアだけではありません。

肌に必要な栄養素を、体の内側に取り入れてあげることも大切です。

そこで私がお勧めしたいのは、飲む日焼け止めとして人気を集めている「インナーパラソル16200」です。

夏の紫外線対策としてお勧めされているサプリメントになりますが、この商品には日焼け止め効果だけではなく、美容にとって良い成分が豊富に含まれています。

なぜ、一般的な美容サプリメントではなく、インナーパラソル16200がオススメなのかと言うと、秋はまだ紫外線の影響を受けやすいからです。

ただ美容成分だけが配合されているサプリメントでは、紫外線対策を行うことができません。

しかし、ニュートロックスサンが配合されているインナーパラソル16200は、紫外線を防ぎながら同時に美容成分を取り入れることができるのです。

ですから秋に最適なサプリメントとなっています。

配合されている美容成分を見てみると、

パインセラ900ミリグラム
コプリーノ1,500ミリグラム
ビタミンC 3,000ミリグラム
ビタミンP3,300ミリグラム

このようになっています。

まず、パインセラはパイナップルから作られたフルーツセラミドとなっており、潤いを与えてくれる保湿成分です。

続いてコプリーノは、外的環境から身体をしっかりと守るサポートを行います。

そしてビタミンCは、美白効果も高い抗酸化作用に優れた成分です。

最後にビタミンPは、ポリフェノールの1種で、ビタミンCの働きをサポートしてくれます。

冬に備えて今からしっかりと肌を守るためにも、ぜひあなたもインナーパラソル16200で紫外線対策を行いながら、肌を健やかな状態に導いてあげて下さい!

インナーパラソル16200 for UVの口コミ評価!飲む日焼け止めの噂は本当?

hU

 

タグ :  

インナーパラソル16200 for UV

この記事に関連する記事一覧