日焼けでシミだけでなくシワも増える理由と紫外線対策(UVケア)は?

日焼けでシミだけでなくシワも増える理由と紫外線対策(UVケア)は?

紫外線吸収剤はなぜ有害なの?

紫外線吸収剤はなぜ有害なの?

暑くなってくると気になるのは紫外線です。

紫外線には肌を赤くして日焼けさせる成分と、角質層のコラーゲンやヒアルロン酸などを破壊して老化現象を引き起こす成分の2種類があります。

これら2種類の紫外線を防ぐために有効だと言われているのが日焼け止めですが、近年日焼け止めに配合されている紫外線吸収剤が問題となっています。

では、どうして紫外線吸収剤が問題となっているのかお話ししていきましょう。

そもそも紫外線吸収剤とは、名前の通り紫外線を吸収してくれる成分を指しています。

紫外線を吸収することにより、肌へのダメージが低下できることから、日焼け止め等に多く配合されてきましたが、化学的に合成されて作られた成分のため、肌に悪影響を及ぼす可能性が出てきました。

例えば、アトピー性皮膚炎や極度の敏感肌の方へ使用すると、赤くかぶれてしまったり炎症引き起こす可能性があります。

そして、肌が弱い子供はもちろんですが、妊娠中や授乳中と言うデリケートな時期の女性にもオススメできません。

そんなこともあり、最近では紫外線吸収剤を配合していない製品が多く発売されるようになりました。

そんな紫外線吸収剤が配合されていない代表的な商品が、インナーパラソル16200です。

インナーパラソル16200は、従来までの肌に塗るタイプの日焼け止めではなく、体内に摂取するサプリメント方式の日焼け止めになっています。

そのため肌に悪影響を与えることなく、紫外線の57パーセントをカットしてくれるため大変オススメですね。
詳しくは→インナーパラソル16200 for UVの口コミ評価!飲む日焼け止めの噂は本当?

 

タグ : 

インナーパラソル16200 for UV

この記事に関連する記事一覧