日焼けでシミだけでなくシワも増える理由と紫外線対策(UVケア)は?

日焼けでシミだけでなくシワも増える理由と紫外線対策(UVケア)は?

紫外線対策の極意!肌荒れしない日焼け止め対策のコツ

紫外線対策の極意!肌荒れしない日焼け止め対策のコツ

日差しがキツくなり、夏が近づいてきましたね。そこで気になるのが、紫外線。

美肌の大敵である紫外線が肌におよぼす影響とダメージ、日焼け止め対策について紹介します。

紫外線とは、、、
紫外線とは、地球上に降り注ぐ太陽光線の一種で、主にUV-A(紫外線A波)とUV-B(紫外線B波)の2種類に分かれています。

UV-Aは肌の色を黒くするサンタン(日焼け)を招き、UV-Bはサンバーン(赤い水ぶくれの様な状態)を引き起こします。

UV-Aの影響

UV-Aは、肌の奥の真皮内に入り込み、肌のハリや弾力に必要なコラーゲンやエラスチンを破壊します。
●日焼け、黒化がおきシミが出来る
●皺が出来やすくなる
●肌を乾燥させる
●キメが粗くなる
●毛穴が開き、涙形毛穴になる

UV-Bの影響
UV-Bは主に表皮内に影響を与え、表皮細胞の生まれ変わりのサイクルを早め、角質を厚くするなど角質異常を招いたり、メラノサイトを活性化させてシミを生み出したりします。
●炎症がおき、ひどい場合は水ぶくれに
●日焼け黒化がおきる
●肌を乾燥させる
●角質を肥厚させる
●免疫機能が低下し、かぶれ易くなる

こういった影響を光老化と呼び、肌の老化、エイジングを進めてしまい、肌年齢を加速させる引き金になります。

紫外線から肌や体を守る一番手軽な方法は、肌につけるだけで紫外線をカットする紫外線防止用化粧品である日焼け止めですね。

日焼け止めクリームや紫外線カットのメイクは、薄くてかさばらない高性能の紫外線防護スーツの様なもの。

しかし、SPFが高い日焼け止めは低刺激性でないと、肌を乾燥させてしまい、肌トラブルの原因になってしまうので、製品選びも重要です。

日焼け止めには、紫外線吸収剤と紫外線散乱剤の2種類のUVカット成分が含まれています。

紫外線散乱剤は乾燥を引き起こし、紫外線吸収剤は、肌荒れの原因になると言われているので、紫外線吸収剤不使用のノンケミカルタイプの使用がオススメです。

何より、日焼け止めを塗る前にはしっかり保湿をして、肌表面に薄い皮脂膜を張る様にすれば、日焼け止めからの刺激や乾燥から肌を守ってくれます。

『日焼け止めと保湿はワンセット』

という事を覚えておくといいですよ。

また、紫外線は顔だけに降り注ぐわけではありません。
taiyou
頭皮を傷つければ抜け毛を招き、目の瞳が傷つけば、白内障の原因になる事もあります。

紫外線対策としての生活習慣
●紫外線の強い時間帯(正午をはさむ数時間)の外出を避ける
●日傘を使う
●衣服で覆う
●日向よりも日陰の多い道を選ぶ

美容の為だけではなく体の健康の為にも、日頃から紫外線対策を意識した生活を心がける様にしましょう。

◆さらに積極的に日焼け止め効果をアップしてシミやそばかす、小じわを避けて10歳若い肌を手に入れたいときは、飲む美白サプリの「インナーパラソル」を飲むと効果的です。
詳しくは→インナーパラソル16200 for UVの口コミ評価!飲む日焼け止めの噂は本当?

そして肌荒れせずに保湿しながらしっかりUVケアをしつつ肌色を綺麗に見せてくれるHanaオーガニックのUVミルクを使うと、安心です。
hanaオーガニックUVミルクの日焼け止め効果の口コミ!とその理由

 

タグ :  

紫外線対策

この記事に関連する記事一覧