UVAやUVBとは?UVアイテムのSPF値とPA値で、どちらを防ぐの?

これから日焼け止めを購入しようと検討している方も増えてきたと思いますが、よく日焼け止めに書かれているSPFという数値と、PAという数値。

あなたはこの数値が一体どんな意味を持つのかご存知ですか?

今まで生きてきた中で、テレビなどを通して何度か説明を目にした方もいると思いますが、なんだか紛らわしくてなかなか覚えられないですよね。

そこで今日は、簡単にわかりやすくご紹介します。

まずSPFですが、こちらは紫外線B波と言われているUVBをカットする効果が期待できます。

UVBは、肌表面広範囲に広がる紫外線を指しており、日焼けで肌を赤くしたりシミやそばかすを作る紫外線です。

つまり、SPF30と記載されている場合は、UVBを防ぐことが出来る時間を表しているのです。

SPF1は、約20分間UVBを防げるという計算になりますので、30と記載されている場合には、単純に20 × 30を行うと時間に換算することが可能です。

次にPAですが、こちらは紫外線A波についての数値となります。

紫外線A波であるUVAは、肌の奥深く角質層まで届き、コラーゲンやヒアルロン酸などといった成分を破壊してしまいます。

これにより、シワやたるみを生じやすくなり、近年話題を集めている光老化につながります。

UVAに関しては、数字ではなく+というように表記されています。
+が多ければ多いほど、UVAから肌を守ることができるとされています。

SPF =日焼けを抑える
PA =肌老化を抑える

このように考えると分かりやすいですよ!

◆UVAもUVBもしっかりカットしながら潤いとハリもアップしてバラ色の肌に導く!と人気なのがhanaオーガニックUVミルクです。

お肌に優しいのでアトピーでも敏感肌でも安心して使えますし日焼けも肌老化も防ぎます。

日焼け止めだけでなくさらに紫外線対策をしっかりしてシミもシワもない美肌になりたいときは、体の内側から紫外線カットしてくれる飲む日焼け止めの「雪肌ドロップ」も飲むともっと効果的です。